MTGにおけるレア土地問題

JP【MTGアリーナ】初心者&無課金必見!! 今作るべきカードランキング (サンプルデッキあり)【MTG Arena/Magic The Gathering】

 動画に対する批判ではなく、MTGというゲームに対する感慨みたいなものを書きたいんであるけども。このレア土地に対する比重の重さがMTGというゲームの新規参入の難しさを作り上げていると思うんである。

 MTGには土地という概念があり、毎ターン1枚だけ土地が置ける。土地は5色のうちのいずれか1色1点のマナを生み出すことができ、ゲームが進む毎に使えるリソースが増えていくというのが基本設計である。

 で、土地の枚数はデッキ60枚に対して24枚が相場と言われている。ただ、コストの重いカードの多いデッキは26枚など多めに土地を積むし、逆に軽いカードばかりのデッキだと22枚など減らしたりもする。

 得てして起きるのが土地ばかり引く、あるいは、土地を全く引かない。土地事故と呼ばれるもので超ベテランでも初心者にあっさり負ける要因を作り上げている。初手は3枚程度の土地があることが望ましいが、そこから1枚も土地を引かずに10ターン続くということも確率上あるわけで、絶望的に何もできなくなるわけである。

 この土地事故の一種に色マナが出ないという問題があって、5色のうち1色だけしか使わないのなら問題はないのだが、2色以上使う場合は2種類の土地を使用することになる。すると手札には白のカードがあるのに白マナを生み出す平地カードを全く引かないということがあるんである。

 古いMTGでは多色デッキというのは「強力だが事故も起こりやすいため難しい」という設計だった。が、現代だと多色デッキがむしろ普通なのであって、ほとんどの環境では単色の方が珍しい構成ということになっている。

 こういう事情から現代では1枚の土地カードで2種類のマナを生み出す土地カードというものが普通に出ることになっており、この多色土地にもコモンとレアがある、というのが通例なんである。

 コモンとレアの大きな違いはタップインか否かである。タップインというのはMTGに固有の概念かもしれんが、ようするに出したターンに使えるか否かである。通常の土地は出した瞬間に使える。コモンの多色土地は2色生み出すペナルティとして出したターンは使えず、レアの多色土地だと強力な能力として出したターンに即使えるというものが多い。多いだけで、それだけでもないのだが。

 長々と書いたのだが、MTGではレアの土地を持っているか否かで勝率が大きく違ってくるんである。土地というのは地味な要素だが、上にも書いた通りベテランから初心者まで逃れられない問題である。

 俺の経験上、土地24枚のうちレア土地8枚を使える場合、4枚使える場合、使えない場合でそれぞれ数%くらいの差が出ると思うんである。華々しい活躍をするわけではないが、あらゆるデッキの勝率を底上げする。それが土地事故の問題である。

 MTGアリーナにはワイルドカードという好きなカードと交換できるシステムがあり、レアワイルドの用途としてレア土地が有力な候補だ、というのが動画の主旨であり、これはMTGプレイヤの多くが同意するところでもあるのだが。

 しかし、ベテランはそれでいいとして、全くの初心者がMTGというゲームを始めた時に、まず必要になるのがレア土地である、あるかないかで勝率が変わります、というのは結構難しい問題だと俺は思うんである。

 だって、土地は地味である。どのデッキにも使える便利なカードであり、入れるだけで確実に勝率を上げるカードでもある。逆に言うと、ベテランはみな使っているから、使っていない初心者だけが一方的に不利になるカードでもある。

 でも、地味なんである。せっかくゲームを始めたのだから派手な伝説カードだとか、パワーやタフネスがでかい、書いてあることの面白いカードを使いたいものだろう。土地なんて地味なカードに数少ないワイルドなんか使いたくない、というのが本音じゃなかろうか。

 カードゲームの新規参入はカード資産が少ないので、それだけでもかなり不利なんである。ただ、それは現行のカードだけを使って組むという工夫の余地がある不利でもあると思うんだが。レア土地というのは工夫の余地がかなり少ない、言い方を変えるとゲームとして克服する楽しさがない種類の不自由だと思うんである。

 TCGに置いて初心者にまず地味なレア土地を勧めないといけないというゲーム性は、どうにかならんもんかなと俺は思う。レア土地だけはワイルドだけでなく、ゲーム内通貨であるゴールドやリアル通貨での購入を許してもいいのではないか。